紫波ふるさとセンター

新着情報

イベント情報

産直のまち紫波

サイトマップ

「 紫波ふる里センターの思い 」

食は命の糧です。
誰一人として食物を食べないで生きている人はいない。
命を守り育てる農業は、最も基本的な産業です。
豊な自然環境を守るうえでも農業の貢献度は大きいはずです。

農業が社会の中で正当に評価され、
それにふさわしい地位をしめてしかるべきと思います。

急速に進む経済グローバル化の中で、取り残され、振り落とされ、後継者のいなくなった農業。
後5年、あと10年、あと15年、20年後
農村に、地域に、中山間地にどんな歴史を刻むことができるか

農業を心から愛する集団組織 『紫波ふる里センター』 は、
以下のことを念頭に日々努力します。

「 理念 」

1、安全・安心な農産物の生産こそが、農家の最も重要な責務と自覚し、実行します。

1、新鮮な農産物はそれだけでおいしいものです。私たちはあくまでも新鮮な農産物を販売します。

1、新鮮な農産物は、おいしい農産加工品の素材です。
地場農産物を使用して、農家手作りによる安全で本物の農産加工品の開発・普及をすすめます。

1、消費者の皆さんあっての店舗です。
消費者の皆さんに愛され、貢献できる店づくりに日々とりくみます。

1、地域全体の農業の活力こそが、個々農家の活力を引き出します。
私たちは地域全体の農業振興をすすめます。

1、私たちは現状に安住することなく、
常に理想と目標を高く揚げて発展する店づくりをすすめます。

1、農家どうしの競争なくして進歩なし。
このことを自覚し、切磋琢磨出来る環境で、よりよいものを生産します。

1、高齢の方や障がいをもった方が、使いやすい店づくりをすすめます

1、循環型社会をめざし、環境に配慮した農業と店づくりをすすめます。

1、お客様がくつろげる店舗周辺の環境美化に努めます。

乳神様(ちがみさま)

乳神様(ちがみさま) 数少ない“おっぱい”の神様をお参りする社。
場所:紫波ふる里センターとレストラン「葡萄の樹」に隣接しています
横町の屋号「ゲンスト」の下座敷に堂宇を移して、代々の主婦が氏神様として奉仕してきた。
乳神様の話が伝わり、大事な乳を求める人達が拝みに来きている。

LINK[MITIKOの家][石井農園][紫波観光ぶどう園][nemi’s農園][紫波の食ナビ